ホーム

The East Asiatic Company (Japan) Ltd.

1884年(明治17年)H.N.アンダーセンにより、アンダーセンカンパニーがタイに誕生。1897年(明治30年)、デンマークのコペンハーゲンにEACとして創設され、貿易・海運・工業の各分野におけるグローバル企業として世界へその一歩を踏み出しました。20世紀後半に入り、核となる4部門(乳幼児用ミルク、食品、化学品、物流)に経営資源を集中するため組織変更をおこない、アジア・南アメリカを中心にビジネスを展開しております。

 

日本への進出は1947年(昭和22年)。1982年(昭和57年)、日本法人イースト・アジアチック・カンパニー・ジャパン株式会社(EACジャパン)が発足いたしました。以来今日まで、長年の経験と実績を活かし、ビール・ソフトドリンク用注出機材の取り扱いを主な業務として活躍しております。

        会 社 沿 革

2001年(平成13年)EACジャパンは、樽生ビールおよびソフトドリンク用注出機材のリーディング・サプライヤーである、デンマーク、マイクロ・マティック社グループの一員となりました。

これにより、世界に実績を誇る注出機材の提供という専門性をさらに高め、ビール、ソフトドリンク、さらにはワイン業界に向け、優れた機材、技術、サービスを幅広くお届けしております。

 

近年EACジャパンは、ベトナム(ハノイ)に駐在員事務所を開設し、その活動をさらに広げます。

English

TEL: 03-6695-7133

FAX: 03-6695-1165

Email: info3@eacjapan.co.jp

105-0001  東京都港区虎ノ門5-2-6

  虎ノ門第2ワイコービル 6

イースト・アジアチック・カンパニー・ジャパン株式会社